『経営者目線で考えろ!』 の落とし穴

よく「自分の店だと思って仕事しろ」とか言ってる経営者、上司を見たことありませんか?
まあ、言われなくてもそうしてる人は多いと思いますが、これは意外な落とし穴があります。

経営者目線で考えると「自分だったらこうするのに…」という考えが積もり積もってきます。真面目な人ほどそうです。
でも、実際は決定権が無かったり提案しても却下されることが多いです。組織が大きいならなおさら。

それは仕方のないことですが、結果的には不満が鬱積してきます。   

 

…そして爆発。

実際の経営者目線からいえば、「そんなリスクは取れない」とかリアルな経営判断をしていますが、スタッフからみれば「何をノーリスクでリターン得ようとしてんだ(怒)?」ってことになります。
スタッフが経営者目線で考えれば考えるほど経営者と対立してしまうのです。

経営のことを考えるのは経営者の仕事です。スタッフは目の前のお客様に集中するのが仕事です。
この原則を忘れてはいけません。